熱帯魚の餌付けについて

沖縄にある青の洞窟では、ダイビングやシュノーケリングができます。

熱帯魚がたくさんいるので餌付けもできます。

■熱帯魚の餌付けについて

沖縄にある青の洞窟は、ダイビングスポットとして一番人気がある場所です。

ダイビングができない人はシュノーケリングを楽しむ事も出来ますが、もう一つ、熱帯魚の餌付けができるのも人気の理由です。

ダイビングをしたりシュノーケリングをしたりしている時に、熱帯魚を見かける事はどこのスポットでもありますが、大抵は人が近づくと逃げてしまいます。

しかし青の洞窟周辺にいる熱帯魚は、人に慣れているので逃げる事はなく、むしろ近寄ってくる事もあります。

■ツアーを探そう

ダイビングの目的によるかもしれませんが、青の洞窟を満喫するというのならば個人的にはツアーをおすすめしたいです。

青の洞窟を専門としたところもあるので、自分のしたい楽しみ方を堪能できると思います。

青の洞窟専門ならココ(https://skyreefdivers.com/)がおすすめですね。

沖縄旅行で青の洞窟に行く場合、ダイビングかシュノーケリングのどちらかを選びますが、この場合ツアーに餌付けも付いている事が多いです。

ツアーとして申し込むと、ダイビングやシュノーケリングのどちらかのプランに、餌付けと餌付けをしているところを写真やビデオで撮影するサービスなどもあります。

ツアー内容についてはそれぞれに違いはありますが、餌付けをしたい事を伝えておけば、オプションに含まれるツアーを選べます。

中には餌付けをする場合、別に料金がかかる事もあります。

ほとんどはツアーに含まれていますが、詳しい事は申し込む時に確認しておくと安心です。

たくさんの魚達と触れ合える事から、餌付け付きのツアーはとても人気がありますので、早めに予約しておきましょう。